審美歯科・差し歯・入れ歯・インプラント

清水歯科医院の審美歯科について

歯やお口の大切な機能は、やはり食べ物を噛み砕く咀嚼(そしゃく)です。ほかにもクリアな発音や全身のバランスを整えるといった大切な役割があります。それだけでなく、口元は目元に続いて他人の第一印象に影響するといわれており、見た目の美しさも大切です。

静岡県浜松市の「清水歯科医院」の審美歯科では、歯や口元のトラブルに対しセラミック素材などを用いて、機能の回復とともにより自然で美しい口元に仕上げる「審美歯科」にも力を入れています。

審美歯科メニュー

オールセラミック
オールセラミック セラミックのみを素材とした人工歯で、詰め物や被せ物に加工します。天然歯のような自然な白さと透明感の再現が可能です。金属を使用しないメタルフリー治療なので金属アレルギーの心配がありません。
ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミック セラミックとレジン(歯科用プラスチック)の混合物がハイブリッドセラミックです。詰め物や被せ物に加工します。オールセラミックに比べて、耐久性や美しさに劣りますが、適度な硬さと弾性があるので咬み合う歯を傷めません。
ジルコニア
ジルコニア 人工ダイヤモンドにも使われるジルコニアはセラミックの中で、もっとも美しいといわれる素材です。光の透過性に優れ見た目が天然歯によく似ています。また強度が高いので奥歯にも使用可能です。
メタルボンド
メタルボンド 金属のフレームの表面にセラミックを焼きつけた被せ物で、内側が金属なのでほとんどの部位に使用可能です。オールセラミックに比べて見た目がやや劣り、金属アレルギーの心配があります。
ファイバーコア
ファイバーコア 重度の虫歯の治療の際に被せ物の下に人工の土台(コア)を立てます。従来は金属でつくるコアをグラスファイバーで強化したプラスチックでつくるのがファイバーコアです。適度なやわらかさがあるので歯根を傷つけません。光を透過するので被せ物の透明感を損なわないのもメリットです。

清水歯科医院の差し歯・入れ歯について

歯の治療を行うのは歯科医師ですが、お口の中に入れる人工歯をつくるのは歯科技工士です。多くの歯科医院は、人工歯作製を外部の歯科技工所に発注しますが、静岡県浜松市の「清水歯科医院」では院内に技工所を設置し、熟練の歯科技工士がさまざまな人工歯を作製しています。

院内技工所のメリット

院内技工所のメリット

入れ歯や差し歯など人工歯の作製や修理を外部に頼む場合には、その受け渡しだけに数日間を要します。そのため、完成までに1~2週間ほどかかってしまうことがほとんどです。しかし、院内に技工所があれば、歯科技工士が常駐していますので、簡単な修理などは数時間での対応が可能です。また患者様と直接お会いすることができるので、雰囲気やお顔の形、まわりの歯の形や色などを作製者本人が確認することができます。つまりスピーディーでより高精度の人工歯をつくることができるのです。

歯科技工士・山田より患者様へ

清水歯科医院について

患者様と近い場所で仕事ができるので、患者様のご要望をダイレクトに伺うことができます。独立した技工所よりも働きやすい環境です。

技工士として気をつけていること

技工士として気をつけていること

患者様はなかなかご自身のお口の中を隅々までご覧になることができません。だからこそ、患者様の立場に立って、色や形などに注意しながら人工歯を作製しています。素材からしっかり選定し、患者様にご満足いただけるように1本1本、心を込めて仕上げています。これまで1万本に近い差し歯をつくってこられたのは、こうしたこだわりのたまものだと思っています。

仕事の喜び

差し歯・入れ歯の作製に全力を注ぎ、実際に装着された患者様に「ぴったり」と気に入っていただけたときが最高にうれしいです。患者様の声が直接届くことが、歯科技工士としてのモチベーションアップにつながっています。

患者様へ

患者様へ

現在では、歯科技工所と歯科医院が一緒になっている歯科医院は激減しました。しかし、歯科技工物は、技工所と歯科医院が同じ場所で連携を取りながら作製することが最良である考えています。当院はドクターと技工士の連携もとれているので、よりよい差し歯や入れ歯をつくることができます。人工歯でお悩みでしたら、お気軽に当院にご相談ください。

差し歯と入れ歯の違いについて

差し歯とは、歯の根が残っている歯に土台をつくり、そこに被せ物をすることです。一方、入れ歯は失ってしまった歯のとなり歯にバネ(クラスプ)をかけて人工歯を固定する方法です。

差し歯 入れ歯

差し歯

  • 歯根に立てた土台に装着します
  • 外れることがないのでしっかり咬むことができます
  • お手入れは通常の歯みがきと同様です
  • 経年により歯肉の色が変化することがあります

入れ歯

  • 取り外しができ、お手入れが簡単です
  • ある程度の大きさがあるので違和感があります
  • バネをかける歯に負担がかかります
  • 咬む力はあまり強くありません

清水歯科医院のインプラント治療について

失ってしまった歯の機能を回復するために、近年多くの人から注目されているのが「インプラント治療」です。インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、セラミック製の人工歯などを装着し、歯の機能を補う治療法です。インプラントが顎の骨で安定するので、しっかり咬むことができ、美しく仕上げることができます。メインテナンスを行うことで長期間の使用が可能です。

インプラント治療の流れ

STEP1:
歯肉の切開

STEP1:歯肉の切開

局所麻酔後、歯を失った部分の歯ぐきを切開し、顎の骨に穴を開けます。

STEP2:
人工歯根の埋入

STEP2:人工歯根の埋入

生体親和性の高いチタン製の人工歯根を埋入し、骨と結合するまで治癒期間を設けます。

STEP3:
人工歯装着

STEP3:人工歯装着

数ヶ月後、インプラントが安定したら、セラミック製などの人工歯を装着します。

STEP4:
メインテナンス

STEP4:メインテナンス

毎日のセルフケアとともに、定期的な歯科医院でのメインテナンスを行います。

インプラント治療の安全性とメインテナンス

インプラント治療の安全性とメインテナンス

インプラント治療は外科手術をともなう難しい治療です。担当医の高度な技術と経験、そして適切な医療機器が必要です。不明な点は、しっかりと主治医を話し合い、患者様ご本人が納得されてから治療を受けることが大切です。場合によっては、セカンドオピニオンなどもおすすめします。

インプラント治療の成功のカギはメインテナンス

インプラント治療の成功のカギはメインテナンス

インプラント治療の成功に欠かせないのが、術後のメインテナンスです。インプラントは人工物ですので虫歯にはなりませんが、毎日のセルフケアを怠ると歯周病に似た「インプラント周囲炎」を起こすことがあり、インプラントの継続使用が難しくなります。長期的に快適にご使用いただくには、毎日のケアと定期的な歯科医院でのメインテナンスを受けることが大切です。月に一度、咬み合わせや口腔内の清掃状況、骨の状況などをチェックして、お口の健康を保ちましょう。

ホームケアについて

ホームケアについて

通常の歯ブラシによる歯みがきだけでなく、歯間ブラシなどのデンタルグッズを活用してお口のケアをしましょう。詳しくは担当医や歯科衛生士にご相談ください。